和風の住宅に似合うインテリアや家具は?

室内の雰囲気を統一することの重要性

注文住宅を建てる際には、なるべく室内の雰囲気を統一するようにした方が良いでしょう。例えば、洋風モダンな壁紙を採用したにもかかわらず、そこに置かれている家具が和風のものばかりであれば、室内の統一感が失われて見る人に雑然とした印象を与えかねません。見た目がばらばらだと、そこにいても安らぎを感じることが難しくなり、せっかく注文住宅を建てたのに息苦しさを覚えるようになってしまうおそれもあります。そうならないようにするためにも、建物の設計段階からどのようなインテリアにするかを自分の中でしっかりとイメージしておくようにした方がよいでしょう。なお、自分だけでインテリアについて考えるのが難しいようであれば、専門のコーディネーターに相談してみるというのも一案です。

和風にぴったりのインテリアや家具

もし室内の雰囲気を和風にしたいのであれば、伝統的な日本の家具を設置するというのがおすすめです。例えば、昔ながらの食器棚やタンスなどは古き良き日本の趣を感じさせるものとして設置しておいて損はないでしょう。もし室内がそれほど広くなく、大型の家具を置くのが難しいということであれば、その代わりに和のテイストを感じられる食器や絵画などを飾ってみるというのもおすすめです。高価なものである必要はなく、むしろフリーマーケットなどで廉価で販売されているような昔の家庭で使われていたようなものを置いておくだけでも和の雰囲気を醸し出すことはできるので、そういったものをうまく取り入れてオリジナリティの空間づくりを楽しむようにするとよいでしょう。